ホワイトニングを希望する男性が急増!歯が白いとどんなメリットがある?

ホワイトニング 男性

ホワイトニングする男性が増えている理由とは?

現在、歯のホワイトニングをしようかなと考えている男性が急増しているそうです。

昔と比べて男性の美意識も向上していますし
女性が求める男性の理想像も変化しつつあります。

そこで
今回は男性がホワイトニングをするメリット、ホワイトニングの方法やハミガキだけでホワイトニングができる成分などを紹介していきます。

仕事を任されやすい

男性のホワイトニングでまず注目したい効果は、仕事の任されやすさです。

「歯が白いだけで仕事を任せてもらえるって、そんなわけ…。」

そう思ったあなた。

まずここで気にしておきたいのは
仕事をする場合、一部の業種を除いて、必ず人と接するということ。

お客様だけでなく上司や部下、同僚だって立場が違うだけで同じ人ですよね。

なんと、人間の第一印象の約55%は視覚からの情報により決まるといわれています。

一目見ただけで、その人の印象はほぼ決まってしまうということなんですね。

そこで、歯が白い人を見たとき、あなたはどんなことを思いますか?

「清潔そうな人だなぁ。」
「自分に対するメンテナンスができるってことは、身の回りもちゃんとしてる人なのかも。」

そんな風に思う人も少なくないはずです。

つまり、歯が白いことにより清潔感や誠実さをアピールできるのです!

これにより、印象がよくなり、「この人なら仕事を任せたい!」と信頼感も上がる。

だから、ホワイトニングが仕事の任されやすさに影響するんです。

清潔感は恋愛において最重要

清潔感は恋愛において、最も大切といっても過言ではありません。

でも、これはイメージしやすいかもしれないですね。

まず、女性が興味をもってくれるということは、その人に好感がもてるということ。

正直、恋愛に限ったことではないですが、
汚い印象の人より、きれいな印象の人のほうが当然好感をもてますよね。

イケメンがモテるのと同じくらい、笑顔が素敵だったり清潔感がある人がモテやすいのです。

人気商売ほど歯が大切

人気商売ほど、清潔感が大切です。

実際、テレビなどで見る芸能人も、歯が黄ばんでいるなんてことはありません。

人気商売ほど、印象が仕事や収入にダイレクトに影響します。

だから、清潔感を大事にしているのです。

歯が白いほど若見え効果がある

歯が白いと、なんで若見えに効果があるのか。

ワイシャツに例えるとわかりやすいかもしれません。

白地のワイシャツって、ちゃんと洗っていても、漂白効果や汚れ予防効果のある洗剤を使わないと、皮脂などの落ちにくい汚れで黄ばんできてしまいますよね。

黄ばみ自体の印象が、あまりきれいではないということもありますが、黄ばんでいるワイシャツは、それを使っている“年数”も感じてしまうのです。

この、“年数”を感じるということが、歯の場合、“老け”につながってしまいます。

だから、ホワイトニングで歯を白くすることで若見え効果が期待できるのです。

白い服装ほど、白い歯が映える

白い服装には、白い歯が映えます。

ファッションのコーディネートのように、同じ色で合っていることで、その色をより際立たせることができます。

言ってみれば、白い歯は自分への装飾品にすることができるのです。

ただし、逆に言うと、白い服装で黄ばんだ歯は“悪い意味”で目立ってしまします。

ファッションの場合は、ワンポイントとして違う色を入れる場合もありますが、多く人は、歯に対して“白いもの”というイメージをもっています。

そこで、そのイメージから遠い黄ばんだ歯と、イメージに近い白い服が同時に見えたとき、多くの人はこう思うでしょう。

「歯ってあんなに黄色いものだっけ?」

正直、そこまで黄ばんでいない歯であっても、比較する色があることで目立ってしまいます。

だからこそ、ホワイトニングがより効果を発揮するんです。

ホワイトニングはクリニック?それとも自宅で?

そもそも、ホワイトニングって、どこでするの?歯科クリニック?

そう思ったあなた。

もちろんクリニックでやる方法は有名です。

でも知ってました?

ホワイトニングって色々な方法があるんです。

ここでは、そんなホワイトニングの方法について、次の3つを紹介していきます。

オフィスホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングって、聞きなれない言葉ですよね。

でもその意味は、専門の歯科医院や歯科クリニックでホワイトニング(歯を白く治療)するというもの。

オフィスホワイトニングでは、ホワイトニング剤(過酸化水素や過酸化尿素)を使用し治療をしていきます。

クリニック等で行うため、お金もかかりますが、効果が早くあらわれる方法でもあります。

一般的なホワイトニングのイメージに一番近い方法が、オフィスホワイトニングなんです。

ホームホワイトニングとは?

オフィスホワイトニングと対比して使われるのが、この“ホームホワイトニング”です。

まず、最初だけクリニックなどに行って、歯型に合わせた専用のマウスピースを作ります。

その後は、作ったマウスピースに専用の漂白剤を入れて自宅でホワイトニングを行っていくのです。

この方法は、忙しくて毎回クリニック行くのは無理な方や、ホワイトニング効果を継続させたい方にお勧めです。

セルフホワイトニングとは?

セルフというからには自分でできるのですが、あなたが今思った“セルフ”のイメージとは少し違うかもしれません。

まず、このセルフホワイトニングには、大型のものではないですが専用の機器が必要です。

この方法は、機器から照射される光(紫外線など)の力を使い、“歯の表面の汚れを落とす”というもの。

正直、根本的なホワイトニングとは、方法も効果も異なります。

ただ、この方法は“資格や専門的な技術が必要ない”ため、クリニックでのホワイトニングより手軽にでき、広まってきている方法なのです。

ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉はどうなの?

クリニックなどに通うのが効果があるのはもちろんですが、毎日の生活に取り入れることができて、より手軽にできる方法こそ知りたい。

そう思いますよね。

ここでは、そんなホワイトニング効果が見込める歯磨き粉には“どんな成分が配合されているのか”、“その成分にはどういう効果が期待できるのか”を紹介していきます。

ホワイトニング効果が期待できる歯磨き粉の成分

シリカ

シリカは、無水ケイ素とも呼ばれ、研磨材としての役割をもつ成分です。

歯の表面についてしまった、汚れや色を研磨し、取り除いてくれる効果があるので、すでに黄ばんでしまっている歯に対して効果が期待できます。

ハイドロキシアパタイト

ハイドロキシアパタイトには、傷の修復や歯垢などが吸着するのを防ぐ効果があります。

これらの効果に付随し、色素が浸透の予防効果もあるため、白くなった歯に余分な色が張りついてしまうのを予防してくれます。

ポリリン酸ナトリウム

ポリリン酸ナトリウムは、歯の表面にステイン(歯の汚れやシミ)がつきにくくなる効果があります。

要するにホワイトニングに対しては、この成分も予防効果があるということですね。

ポリリン酸自体には、歯を白くする効果がありませんが、歯の白さを保つ効果が期待できるといえます。

ピロリン酸ナトリウム

ピロリン酸ナトリウムは、乳化剤としての効果があり、食品添加物として使用されることもあります。

乳化は、簡単にいえば“やわらかく”するということ。

歯の表面の汚れなどをやわらかくし、浮き上がらせることができるため、汚れを取れやすくさせる効果が期待できます。

PEG-8(マクロゴール400)

PEG-8は油や水によく溶ける成分です。

そもそも、歯の表面には様々な汚れが、張り付いています。

でも、この成分を使うことにより、水に溶けにくい汚れも落とすことができます。

まずPEG-8により汚れ自体がはがれやすくなり、そのあとPEG-8と一緒に水に溶け流れていくのです。

男性のホワイトニングまとめ

ここまでいかがだったでしょうか?

最後に、紹介してきた内容をまとめていきたいと思います。

白い歯で印象の良い自分に!
ホワイトニングで歯が白くなると、“清潔感”を手に入れることができます。

これにより、仕事やプライベートでも周りからいいイメージをもってもらえるきっかけがつくれます。
 
ホワイトニングができるのはクリニックだけじゃない?!
もちろんクリニックなどで行う“オフィスホワイトニング”もありますが、“ホームホワイトニング”や“セルフホワイトニング”といった方法も紹介しましたね。

自分に合った方法があれば試してみるのもいいかもしれません。

歯磨き粉で簡単にホワイトニングしたい!
歯磨き粉に配合されていることもある5つの成分についても紹介しました。

それぞれ効果が異なるので、自分の求める効果に合わせて成分を選び、毎日の習慣にホワイトニングを取り入れていきましょう。

こうやってまとめてみると、
歯磨きでもホワイトニング効果が見込めるのは、毎日することだからすごくうれしいですよね!

ここまで読んでいただいてありがとうございました!

この記事を読んでいただいた方が、ホワイトニングに対するハードルが少しでも下がり、印象を含め日常生活が明るい方向に変わっていっていただけたらすごく嬉しいなと思います。

アーカイブ