妊娠、出産後にシミが増えた原因とは?産後シミ対策に何が効く?

産後 シミ

多くの女性がシミの悩みや不安を抱えています

どんな女性にとっても
お肌のシミは実際の年齢より老けて見えてしまう・お肌が汚れているように感じるなどのデメリット・不安があるのではないでしょうか?

環境や肌質、体調の変化によってもできやすい女性のシミは、実は肌質・年代にかかわらずに、出産後に増えてしまうことも多くあります。

ここでは、出産後にどうして今までよりもシミが増えたり濃くなってしまうのか、ママになってもキレイでクリアな素肌を目指すため、出産後のシミの原因や種類、今日から始められる対策・スキンケアメソッドをわかりやすくお伝えしていきます。

出産後にシミが増えた原因とは?

出産後も丁寧なスキンケア・紫外線対策をしていてもシミができてしまうのは

  • 女性ホルモンの活性化
  • ホルモンバランスの乱れ

などが大きな原因といわれています。

まず、女性ホルモンの活性化とは
妊娠をすると女性ホルモンの一種、黄体ホルモンのプロゲステロンの分泌が過剰に増え、このホルモンがお肌の表皮基底層のメラニン色素を増やすはたらきがあるため、ちょっとしたメラニン細胞が刺激され、シミができやすくなります。

また、出産後は女性の今の体調や体質、肌質や年代にかかわらず、ホルモンバランスが不安定になってしまい、皮脂がいつもよりも過剰に分泌されたり、肌荒れを引き起こしやすくなります。

出産後の過剰な皮脂分泌・肌荒れは、炎症した後が黒ずみ、色素沈着として残りやすくなるため、その黒ずみがシミに変わりやすくなるのです。

出産後にできるシミと年齢サインのシミは種類が違う?

出産後にできるシミと、年齢を重ねたことによるシミの種類は
実は大きな違いがあることを知っていましたか?

一度できるとなかなか薄くなりにくいといわれているシミですが
出産後にできたシミは、正しいスキンケアと規則正しいライフスタイルを心がけるだけでも、薄くなったり新たなシミができにくくなると言われているんです。

ここでは、出産後にできるシミと年齢のサインによるシミの違い・種類について一緒にチェックしてみましょう。

老人性色素斑

老人性色素斑は、出産後の女性はもちろん、もともとの肌質や体質にかかわらずにできる、女性にもっとも多いシミのタイプといわれています。

老人性色素斑の主な原因は、UVケアがおろそかになっていることでお肌が紫外線ダメージをダイレクトに受け、お肌内部に蓄積された紫外線・メラニン色素が原因でシミにつながってしまいます。

老人性色素斑は、お顔の中でも特にほほに集中して広がりやすく、他にも紫外線ダメージをダイレクトに受けやすいパーツとなるこめかみ・手の甲などにもできやすいといわれています。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着とは、大人ニキビ・虫刺され・かぶれなどのお肌トラブルが跡となって残るシミの種類のことをいいます。

炎症後色素沈着は、ニキビや虫刺されが炎症、かゆみを伴うこともあるため、他のシミの種類よりも手肌による摩擦や刺激を受けやすく、そこからメラニン色素が過剰に発生し、赤黒いシミとして残ってしまうことがあります。

雀卵斑 (そばかす)

遺伝的な要因も考えられているそばかすは、鼻からほほにかけて細かく広範囲に広がることが多いシミの種類で、日本人女性はもちろん、海外女性にも多く見られています。

そばかすは、遺伝的な要因はもちろん、紫外線ケアがおろそかになっていたり、ストレスによる活性酸素の発生で、より目立ちやすく濃くなることがあります。

肝斑

肝斑とは、頬骨の高い位置に左右対称にできる、やや薄めで大きめの目立たないシミの種類となっています。

肝斑は30~40代女性に多く女性ホルモンの乱れやメンタル面の不調、さらには血管の炎症が大きな原因といわれています。

肝斑は、他のシミの種類に比べると薄く、目立たない特徴がありますが、広範囲に大きめのシミとしてお肌に残りやすいため、早め早めのケアが肝心です。

妊娠すると肝斑ができやすいのなぜ?

肝斑は、出産後よりも妊娠中にできやすいシミの種類といわれています。

妊娠すると肝斑ができやすい理由は、ホルモンバランスの乱れによるもの。女性のホルモンバランスは、ひとつひとつのホルモンの分泌が安定して初めて、シミとは無縁の健やかで美しいお肌をキープし続けることができます。

ですが
妊娠中は、いつもよりもメンタル面が敏感になって肌質が変わってしまうこともあるため、シミ・肝斑のもととなるメラノサイトのはたらきが活性化され、お顔やカラダにも細かなシミができてしまうのです。

妊娠中、出産後や育児中にできるシミ対策とは?

妊娠中・出産後は、体調も肌質もデリケートになり、メンタル面も神経質になることで、シミができやすい要因を自らが作ってしまっている心配もあるんです。

かけがえのない大切な赤ちゃんを産み、ママとしても自信・充実した毎日を送ることができるよう、ここでは妊娠中・出産後にシミを作らせない・クリアな美肌を維持するとっておきの対策をご紹介しましょう。

日焼け対策でシミを作らせない

マタニティライフの中でシミを作らせないためには、一にも二にも紫外線対策・日焼け止めを使うことが欠かせないステップとなります。

紫外線は、実は天候や季節にかかわらず、朝から夕方までずっと降り注いでいるため、日焼け止めを常に塗ったり、外出時はつばの広い帽子をかぶる、アームカバーをするなど、お顔や腕などの紫外線ダメージを受けやすいパーツは、徹底した日焼け対策を習慣にしましょう。

食事で内側からもシミ対策

妊娠中・出産後のシミを防ぐ・目立たせなくするためのコツは、表面的な紫外線対策と合わせて、カラダの内側からのシミ対策も重要なポイントになります。

特に毎日の食事の栄養バランスに気を配り、紫外線ダメージからお肌を守るビタミンCやリコピン、ビタミンEやβカロテンなどの抗酸化作用成分を積極的に補うようにすると、体内からお肌にかけてのバリア機能が高まり、紫外線を跳ね返す強さが育まれます。

また、乳酸菌を含むヨーグルトや大豆製品なども、お肌の美肌菌を増やしてスキンコンディションを高めてくれるため、カラダの内側からのシミ対策におすすめの食品・栄養成分となっています。

シミに有効なスキンケア

出産後のシミには、手肌による刺激や摩擦がメラノサイトを活性化してしまうリスクがあるため、ゴシゴシと擦るようなスキンケアをせず、ソフトなタッチでやさしいお手入れを心がけてみましょう。

ポイントは、化粧水をたっぷりめにとってお肌に塗布するようにすると、摩擦や刺激からお肌がうるおいで守られるようになるため、保湿・バリア機能強化につながります。

妊娠、出産後のシミ対策におすすめの成分

妊娠・出産後のシミ対策に化粧品を選ぶとき、どのような成分が効果的なのか、とても気になるポイントですよね。

ここでは、妊娠・出産後のシミにおすすめ・有効な成分の特徴・メリットをまとめてご紹介しましょう。

肝斑にはトラネキサム酸

妊娠中・出産後に肝斑ができてしまった場合は、美白有効成分として厚生労働省にも認可されているトラネキサム酸配合の化粧品を使うようにしましょう。

トラネキサム酸は、肝斑のケアに特化した医薬品・サプリメントなどにも多く使われ、メラニンを作り出すメラノサイトの働きを弱める効果が期待できます。

紫外線が原因のシミにはハイドロキノンやビタミンC誘導体

ハイドロキノン

紫外線が原因の老人性色素斑に効果的なハイドロキノンは、数多く損座視している美白有効成分の中でも、シミにもっとも効果が期待できる成分として注目を集めています。

ハイドロキノンは、紫外線によってできるシミの原因・メラニン色素を合成する酵素の活性化を抑え、メラニン色素の産生細胞にアプローチしながら、シミをもとの肌色に戻す優れた還元作用があります。

ビタミンC誘導体

シミの原因となる活性酸素や紫外線ダメージによるメラニン色素の活性化、色素沈着の予防に効果的なビタミンC誘導体。

美容業界では、攻めの美容成分とも呼ばれるほど優れた美白作用を持ち、コラーゲンを新たに産生してツヤ・弾力のある美肌に導きます。

ビタミンC誘導体は、美白・保湿・エイジングケアとたくさんの美容効果を備えているため、出産後のシミとフェイスラインのたるみや乾燥、シワなどが気になる女性におすすめの成分となっています。

そばかすに有効な成分は残念ながら見当たらない

老人性色素斑や炎症後色素沈着、肝斑の3つのシミは、毎日の丁寧なスキンケア・美白成分配合の化粧品で薄くする・予防することができるのですが、そばかすに関しては現在のところ、有効な成分が明確にされていません。

ただ、そばかすは他のシミに比べると、頬のあたりに細かく散った状態となっているので、女性のかわいらしさ・可憐さを引き出してくれたり、外国人女性のような快活な印象を与えるメリットも。

またそばかすは、日頃の紫外線対策を徹底すること・ストレスを溜めないこと・規則正しい生活習慣を心がけると、徐々に薄く目立たなくなることもありますよ。

シミの原因や種類を見極めてから対策を行いましょう

妊娠中や出産後のシミは、カラダやホルモン分泌・お肌の状態に変化があり、いつもとは違ったスキンケア・紫外線対策・生活習慣が必要になっていることのサインでもあります。

妊娠中や出産後にできたシミの種類・状態をしっかりと見つめなおして、そのシミに合った適切なケアで、明るく健康的な美肌を目指してくださいね。

アーカイブ