男性もシミに悩む時代。どんな対策がある?おすすめのクリームも紹介

顔のシミ

男性のシミは女性よりも目立つ?

最近急にシミが気になり始めた男性はいませんか?

  • 奥様よりも急にシミが目立ってきたと感じる
  • 誰かに顔のシミを指摘されて気付いた
  • いつの間にか顔のシミのサイズが大きくなってきている

こんなシミ悩みが出てきている人は要注意です。

実は
男性のシミは女性よりも大きくて濃くなる傾向にあるのです。

「ただのくすみかな?」
と思って放っておくと急にシミが目立ってきてしまうかもしれません。

シミができる原因とは?

ズバリ、しみの原因は
メラニンの過剰生成です。

紫外線などを浴びるとメラニンが生成されます。

ただし、健康な肌であれば、自然と外へ排出されていきます。

しかし
年齢からくるターンオーバーの乱れや肌にトラブルがあると、外へ排出されずにメラニンが残ってしまうのです。

その残ったメラニンが肌に沈着し、シミの原因となります。

  • 日焼け止めを使っていない
  • ゴシゴシ顔を洗うくせがある
  • 髭剃り後の保湿やスキンケアをしていない

上記のような習慣があるとシミの悩みが多くなる傾向にあります。

そして、メラニンは紫外線・ストレス・乾燥などで過剰に生成されてしまうため、日ごろからの対策が必要です。

画像解析でも女性より男性の方が隠れジミが多いという結果に

ある製薬会社が画像解析ソフトを使って
40~50代の男女のシミの濃さを比較したところ・・

結果
男性のシミは女性よりも濃いということが判明しました。

女性に比べて男性の方が
メラニンの生成を促すプラスミンの働きが高かったのです。

男性は、日焼け対策をしている女性よりも肌への負担が大きいのは言うまでもありません。

男性のシミは40代から急に大きくなり目立つとも言われています。

また
何と40代男性の2人に1人は大きく濃いシミができるという報告があるようです。

つまり
男性の方こそ早めのシミ対策を始めまるべきというデータがあるのです。

男性のシミ対策は内側と外側からのダブルケア

「では、さっそくシミ対策のスキンケアから始めよう」
と思う人も多いですよね。

しかし
スキンケアだけでは足りません。

シミ対策には
内側と外側、両方からの対策が必要です。

日焼け止めを塗って、さらに日傘もさしている女性を見かけませんか?

でも、外側からの対策はバッチリにもかかわらず
顔にはシミができてしまう人が多いのが事実です。

そんな人は内側からのシミ対策が足りないのかもしれません。

紫外線やストレスに負けない強い肌は内側からつくることが大切です。

  • 基盤となる強い肌をつくる内側からのケア
  • 肌への刺激をブロックしてメラニンの過剰生成を抑える外側からのケア

この内側と外側からのダブルケアがシミ対策のポイントです。

内側からのシミ対策

では
内側からの対策とは何をしたらいいのでしょうか?

そのためには何と言っても食事です。

肌にいい栄養素をたっぷり摂ることが大切です。

どんな栄養素がシミ対策に効果的なのかみていきましょう。

ビタミンA・C・E

ビタミンA・C・Eなどにはメラニンの生成を抑える栄養素が豊富です。

トマトやパプリカなど夏に紫外線をたっぷり浴びて育つカラフルな野菜やフルーツに多く含まれています。

夏野菜は紫外線から自分自身を守るために、これらの栄養素をたくさん作り出しているのです。

ビタミンB2・B6

また、肌の生まれ変わりを助ける栄養素、ビタミンB2・B6も重要です。

メラニンを沈着させずに排出する働きがあります。

メラニンが生成されても排出されれば安心です。

とは言え
「仕事で忙しいのに栄養のことまで考えるのは無理」という人もいるでしょうあ。

そのような人には素早く栄養が摂取できるサプリメントがおすすめです。

サプリメントは
シミ対策・乾燥対策・日焼け対策など用途に応じて種類もたくさんあります。

ここで
覚えていてほしいのは、内側からのケアがシミ対策に有効なことです。

外側からのシミ対策

次に外側からの対策とは何をしたらいいのでしょう。

ズバリ
太陽から注がれる大量の紫外線をブロックすることです。

メラニンが過剰生成されなければ、色素が沈着する可能性が低くなります。

すでにシミができてしまっている人には、これ以上大きく濃くしないことにもつながります。

外側からの紫外線対策としてパッと思い付くのは日焼け止めです。

しかし
日焼け止めは夏に外出する時だけ塗ればいいと思っていませんか?

実は
紫外線は春先から夏までが最も強いのです。

また、紫外線は年中降り注いでいるものなので、気になる人は一年中対策することが重要です。

ただ、どんなに日焼け止めを塗ってもターンオーバーの乱れや肌のトラブルがあると効果が半減してしまいます。

特に男性で多いのは、お手入れ不足のカサカサ肌

洗浄力の強い洗顔でゴシゴシとお肌に刺激を与えたり
髭剃り後のスキンケアをせず、そのままにしていたりしませんか?

実は
男性の7割がスキンケアをしていないというデータがあります。

このスキンケアをしていないとバリア機能が低下してシミができやすい原因となってしまうのです。

シミ対策スキンケアの3つのポイント

シミ対策のためのスキンケアとしてポイントは3つ。

  1. 十分な保湿をしてお肌を整える
  2. 肌に残ってしまったメラニンが沈着しないような対策を行う
  3. (例えば、シミ専用のクリームなどがあります。)

  4. 日焼け止めなどで紫外線をブロックする

このように、シミ対策には外側からのケアを十分行いましょう。

男性にもおすすめのシミ対策クリーム

シミ対策としてすぐに思い付くのがシミ取りクリームではないでしょうか。

でも
薬局には行ってみたけど、どれを買えばいいのか分からない

こんな経験あるかもしれませんね。

ここで頭に入れておくポイントがあります。

それは
「医薬部外品」または「薬用」と記載してあるものを選ぶ
ということです。

医薬部外品(または薬用)の3つの安心ポイント

  1. 品質管理基準がとても厳しい
  2. しっかりした科学的根拠がある
  3. 有効成分が厚生労働省から認められている

このような理由から、効果を期待できると言えます。

では
「化粧品」と分類されているシミ対策クリームはどうでしょう。

化粧品は「肌を健やかに保つ」などが目的のため、効果は穏やかです。

シミ対策など効果はあまり期待しない方がいいかもしれません。

とはいえ
医薬部外品のシミ対策商品はたくさんあって選ぶのに困ってしまいます。

そこで、医薬部外品に分類されるおすすめのシミ対策クリームをご紹介します。

メンズケシミン

男性シミ対策クリームの定番になってきている商品です。

1度は聞いたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

有効成分は「トラネキサム酸」

シミの原因メラニンを作れと命令する物質をブロックします。

開発したのはCMでもおなじみの「小林製薬」です。

製薬会社なので安心感がありますよね。

女性のシミ対策商品はたくさんあるのに、男性のものは少ない。

こういった背景から、男性のシミ対策に対する独自の研究を重ねました。

そしてこのシリーズが開発されました。

メンズケシミンシリーズには次の3種類があります。

  • 化粧水・・顔全体のシミ対策(さっぱりしたい人向け)
  • 乳液・・顔全体のシミ対策(しっとりしたい人向け)
  • クリーム・・気になる部分に集中したシミ対策

用途に応じて1つずつ使えるところも魅力ですね。

でも、シミ対策には水分や油分などの肌のバランスが重要です。

化粧水、乳液、クリームをフルラインで使うのが理想的です。

また、あまり化粧をしない男性にとって気になるのが使用感。

顔にクリームを塗るとべたべたして気持ち悪い印象がありますよね。

でも、メンズケシミンは使い心地が好評です。

実際に使用した人からは

  • さらさらしている
  • さっぱりしている

などの声もあがっています。

製薬会社が作った製品だけあり、信頼も高いです。

ドクターケシミー

オールインワンタイプのシミ対策ジェルです。

シミ対策成分はもちろん、化粧水や乳液などの役割が1つになった基礎化粧品です。

お手入れ時間はたったの1分。

とにかく「らくして」お手入れできます。

  • ショッピングサイトのスキンケア部門など、多数の部門で1位を獲得
  • 臨床実験では、メラニンの生成を抑えるといったシミへの効果を確認
  • 医学誌に掲載

このように、とても注目を浴びている商品です。

特に注目する成分は2つ。

  • 「プラセンタ」
  • 「グリチルリチン酸2K」

「プラセンタ」は、メラニンの生成を抑えるだけではなくお肌の新陳代謝を促進します。

古い細胞が排出されるので、シミが表面に出てくるのを抑える効果が期待できます。

グリチルリチン酸2K」は、紫外線などから受けた炎症を鎮め、お肌の状態を整えます。

プラセンタとグリチルリチン酸2K以外にも、12種の自然由来成分を配合しています。

自然由来成分により、シミ対策だけでなくお肌に良い様々な役割を果たしています。

そして気になる使用感はどうでしょうか。

ジェルタイプと言われてもイメージしにくいですよね。

ジェルはべたべたしていそうと思っている人もいるかもしれません。

しかし、使用した人たちからは

「さっぱりとしていて夏でも使える」

など好評です。

男女関係なく使用できるので、ご夫婦で一緒にシミ対策するのもいいかもしれません。

シミトリー

こちらもオールインワンタイプのシミ対策ジェルです。

  • 「シミ」と「小じわ」に注目した欲張りな製品
  • 独自の技術でシミと年齢肌を科学的に研究し、美白処方を実現
  • ショッピングサイトでのランキングも高評価
  • 数々の雑誌にも掲載

シミトリーが注目したのは「シミ対策×保湿力」という考え方です。

紫外線をブロックするのは多くの人がやっていること。

でも、意外と見落とされているのがお肌の乾燥対策。

お肌の乾燥はバリア機能を低下させてしまいます。

その結果、紫外線などのダメージを受けやすくなりシミにつながってしまいます。

そこで、お肌が十分に潤った状態を保ち、効果をより実感できるように開発されました。

特に注目する成分は美白有効成分「ハイドロキノン誘導体」。

メラニンが黒くなるのを抑える働きをします。

ハイドロキノン誘導体と保湿力に優れた成分を合わせ、今までにない効果を実現しました。

気になる使用感も

  • 「さらっとしてべたつき感がない」
  • 「髭剃り後にカサカサしなくなった」

と、男性からも女性からも喜ばれています。

野外スポーツ前後の肌対策としても男性から評判のいい商品です。

男性のシミ対策まとめ

今や男性もシミを気にする時代。

「シミ対策は女性がするもの」という考えはもう古いかもしれません。

男女問わず、「若々しい」「昔と変わらない」と言われると嬉しいですよね。

特に男性のシミは40歳から急に目立ちはじめます。

女性より濃くて大きい傾向があるとなれば不安ですよね。

シミ対策にはやることがたくさんあるように感じるかもしれません。

しかし
実際はたったの2つ。

  1. 食べ物に気を付けること(忙しい人はサプリメントなどを活用する)
  2. 肌に負荷がかからないような対策をする

これだけだと考えればやるきもアップしませんか?

この2つの対策をプラスした1日をみてみましょう。
(内側からのケアとしてサプリメントを選んだ場合)

  1. 洗顔後→シミ対策クリーム
  2. 朝食後→シミ対策用サプリメント
  3. 外出時→日焼け止め
  4. 昼食後→シミ対策用サプリメント
  5. 夕食後→シミ対策用サプリメント
  6. お風呂上り→シミ対策クリーム

このようにいつもの生活にプラスするだけでシミ対策ができるならいいですよね。

10年後、20年後に同級生と会った時に

「変わらないね」「若いね」

と言われるお肌でいたいですよね。

奥様の知り合いや友人からの評判も良ければ嬉しいものです。

顔のシミに気付いてしまった男性の方
顔にシミができるのは嫌だと思っている男性の方

何事も思い立ったが吉日。

早速今日からシミ対策を始めましょう。

アーカイブ