レギンス入浴ダイエットをする人が続出。お風呂タイムにひと工夫で得られる効果とは?

脚のむくみ

レギンス入浴ダイエットはこんな悩みの方に効果的

レギンスを履いて入浴するだけで脚痩せできる
「レギンス入浴ダイエット」
ご存じですか?

ダイエットエキスパートの和田清香さんも一押しの脚痩せダイエットです。

  • ダイエットをもっとラクにしたい
  • むくみで足がパンパン
  • セルライトがぜんぜん取れない
  • 脚痩せしてスキニージーンズを履きたい

このような悩みがある人は是非トライしてみてください。

レギンス入浴ダイエットは、なかなか足痩せできないと悩んでいた人が簡単に脚痩せできたと人気急上昇のダイエット方法です。

ところが、実は
9割の人が間違った方法でレギンス入浴ダイエットを行っている
と言われています。

ここでは絶対に間違えてはいけないポイントも含め、やり方や効果などを詳しくお伝えしていきます。

正しい方法を身につけて、理想の脚を手に入れましょう。

レギンス入浴ダイエットはどんなメカニズム?

レギンス入浴ダイエットをする時に、絶対に間違えてはいけないポイント。

それは
普段履いているレギンスを使うこと
ということです。

普段履いているレギンスではなく
着圧レギンスでないと効果がありません。

その理由は、レギンス入浴ダイエットのメカニズムを知れば納得。

キーワードは圧力。

レギンスの圧力に入浴の水圧がプラスされることで血液やリンパの流れが良くなり、たまった水分・脂肪・老廃物が排出されるのです。

その結果

  • 引き締め効果が倍増
  • むくみがとれる
  • セルライト解消

このような効果が期待できます。

入浴するだけもでむくみ解消などの効果はありますが、さらに圧をかけることで様々な脚痩せ効果が期待できるダイエット方法です。

レギンス入浴ダイエットの具体的な方法とは?

『色々なダイエット方法があるなか、何をやっても脚だけ痩せない・・』
という人が多いですよね。

でもレギンス入浴ダイエットは
レギンスを履いて入浴するだけで脚痩せできる
というから驚きです。

その絶大な効果で有名人にも大人気。

「数々のダイエット方法の中で、レギンス入浴ダイエットは、一番ストレスなく効果があった!」

と大絶賛している人もいます。

ここで、レギンス入浴ダイエットの具体的な方法をご紹介します。

基本はレギンスを履きながら入浴するだけ

レギンス入浴ダイエットのやり方はとっても簡単。

ずばり

  1. レギンスを履いて
  2. 38度~40度のぬるま湯に
  3. 20~30分程度つかる

これだけです

ここで外せないポイントが3つあります。

①レギンスは着圧レギンスを使う

脚にかかる圧を上げるために、着圧レギンスを使うことがマストです。

ついうっかり下着を付けてしまう人がいるようです。

下着は付けずに、水着を着るような感覚で着圧レギンスを履きましょう。

②ぬるま湯は心地よいと感じる温度に

リラックスしているときに反応する副交感神経の働きが代謝アップや脂肪燃焼につながります。

38度~40度ぐらいで、自分にとって心地よい温度を見つけましょう。

③効果が出るまで20~30分程度の入浴を

一般的には20~30分の入浴がおすすめのようです。

ただし、長くつかればいいというものではありません。

のぼせない程度に切り上げましょう。

以上のように、正しいやり方をしっかり覚えれば、効果も期待大です。

お風呂の中で足首を回そう

もっと効果を上げたい!

そんな贅沢な要望にお答えするのがお風呂の中での足首回し。

足首を回すだけですごい効果があること、ご存じでしたか?

  • 股関節・骨盤・背骨・膝関節のゆがみを改善する
  • 血液やリンパの流れが良くなり、老廃物が排出される

これを水中でやればさらなる脚痩せ効果が期待できます。

ただ回すだけでも効果がありますが、

次のような手順で足首を回すのがおすすめです。

  1. 右足首を左足の太もも辺りにのせる
  2. 左手と右足で握手をするように組み、左右にぐるぐる回す
  3. 反対の脚も同様に行う

これで、1日のむくみが改善され、体がポカポカになりますよ。

お好みでマッサージをしてあげる

お好みでプラスしたいのがマッサージ。

足首回しで柔らかくなった脚にマッサージを行えば、効果も飛躍的にアップします。

意識したいのは「下から上へ」。

重力の関係もあり、老廃物は下(足)に溜まってしまいます。

下から上へと老廃物を移動させるようなイメージでマッサージしましょう。

では、詳しいマッサージ方法を見ていきましょう。

①足首からひざへ

足首からひざへむかって、ふくらはぎを撫で上げます。

ひざ裏にあるリンパ節に老廃物を流し込むような感覚で行いましょう。

②膝から太ももへ

ぞうきんを絞るような感覚で、内もも・外ももを下から上に押し上げます。

老廃物は、脚の付け根にあるリンパ節に流し込むようにします。

セルライトが気になる人は、つぶすようにもみながら押し上げましょう。

③リンパ節もマッサージ

最後にリンパ節をマッサージして、老廃物がつまらないように流してあげましょう。

これで、脚にたまった脂肪や老廃物が排出され、すっきり脚に近づけます。

半身浴で効果アップ?

38度前後のぬるめのお湯に、胸から下だけつかる半身浴。

下半身痩せに効果があると人気の入浴法ですよね。

ここに
レギンス入浴ダイエットを合わせると、ご想像通り、その効果は倍増します。

冬などの寒い時期は上半身が冷えて困ることもあります。

そんな時は「全身浴と半身浴を組み合わせた入浴法」が人気です。

その方法とは

  1. 全身浴3分
  2. 半身浴5分
  3. ①、②を数回繰り返す

これで、全身を温めながら下半身を集中して温めることができます。

このやり方なら、一年中半身浴を続けることができますよね。

レギンス入浴ダイエットにはどんな効果がある?

脚痩せに注目したレギンス入浴ダイエット。

実は、全身のダイエットにも効果があるんですよ。

脚は「第二の心臓」とも言われています。

心臓は全身に血液を送り届け、脚は心臓に血液を送り返しています。

脚の中でも、特にふくらはぎにはポンプの役割があり、ポンプ機能が低下すると、送り返されない血液が脚に溜まることになります。

これが、むくみや冷えなどの原因になってしまいます。

全身に滞りなく血液が循環して血流が良くなることで、体全体のダイエットにつながるのです。

レギンス入浴ダイエットで脚の血行を保つことは、体重を減らしたい人にとっても強い味方になってくれますよ。

汗がスッキリ!ダイエット効果

脚の血行を良くすることは全身の血行を良くし、全身ダイエットにも効果があることが分かりましたよね。

レギンス入浴ダイエットは20~30分じっくりお湯につかることで発汗作用を促します。

汗をかくことには次のようなメリットがあります。

  • 老廃物が排出される
  • 内臓機能がアップする
  • 基礎代謝がアップする

その結果、脂肪が燃焼され、全身のダイエット効果につながるのです。

実際にレギンス入浴ダイエットを試した40代~50代の痩せにくい年代の女性からは

「2週間で5㎏減った」
「2か月で10㎏も減った」

など嬉しい口コミが多くあります。

ダイエットをしたことがある人に多いのは
「体重は減ったけど脚だけ痩せない」
という経験ではないでしょうか?

レギンス入浴ダイエットをして汗を大量にかくことで、メインは脚痩せなのに、全身のダイエットにもなるというのだから、やらない手はないですよね。

脚もスッキリ!脚痩せ効果

これまでお話したように、レギンス入浴をすると
血液やリンパの流れが改善され、むくみ・冷え・セルライトなどが解消されることが分かりました。

実はもう1つ、着圧レギンス入浴による大きな効果があります。

それはずばり

骨盤矯正。

いくらダイエットをしても脚が細くならない原因として
骨盤のゆがみがあります。

骨盤がゆがんでいると、足のバランスが崩れて太ももやふくらはぎが太くなる原因になります。

着圧レギンスは骨盤もしっかりサポートするので、骨盤矯正に有効なのです。

骨盤が正しい位置に戻ると、足全体のバランスが整います。

着圧レギンスを履いて入浴することで、レギンスと水圧のダブルの効果で脚痩せ効果の倍増につながります。

むくみ、セルライトケアにもアリ

脚痩せができると大人気のレギンス入浴ダイエット。

その中でもある理由からも、絶大な支持を受けているんです。

それは

  • むくみがとれる
  • セルライトが解消される

この2つ。

脚のリンパや血液の流れが良くなることで、溜まった老廃物・脂肪・水分が効率よく排出されます。

水分の滞りが原因のむくみには、効果テキメンなのです。

着圧レギンスダイエットを行ってまず始めに実感できるのがむくみ解消と言う人が多いのも納得です。

さらにセルライトも解消されるというから嬉しいですよね。

セルライト解消はあきらめようかな・・

こんなふうに思ってしまうほど難しいセルライト解消。

ここでセルライトとは何かおさらいしましょう。

セルライトとは
脂肪細胞の中に老廃物がたまって大きくなったもの
です。

やはり老廃物が関わっていたのですね。

そこで
レギンス入浴ダイエット時にセルライト解消したいときのポイント。

  • セルライトをつぶすようにマッサージしてリンパに流し込む
  • リンパがつまらないようによくほぐす

これを続ければ、あきらめていたセルライト解消も実現できます。

レギンス入浴ダイエットのポイントとは?

では次に、効果を上げるためのいくつかのポイントをお伝えします。

必ず着圧レギンスで行う

レギンス入浴ダイエットを行う上で、絶対に守ってほしいルール。

それは
着圧レギンスを使うこと。
最初にお伝えしているので、もう覚えましたよね。

正しい方法で行わなければ、「全く効果がなかった・・」

なんてことにもなりかねません。

逆に、正しい方法を知っていれば効果倍増です。

では、どのような着圧レギンスを使ったらいいのでしょう?

ここで、おすすめの着圧レギンスをいくつかご紹介します。

MediQtto(メディキュット)スパッツシリーズ

圧着グッズと言えば不動の人気を誇るのがメディキュット。

  • リンパケア用
  • むくみ改善、血行促進用

などスパッツの種類も豊富。

自分に合ったタイプを探してみましょう。

スリムメイク美脚シリーズ

特徴は強力な圧力。

おなか・お尻・太もも・ふくらはぎをしっかり引き締めます。

ネットショッピングのスパッツ・レギンス部門で1位も獲得し、「履くだけで翌日の脚の疲れが違う」など口コミでも人気の商品です。

和田清香さんオリジナル ハイウエスト圧着レギンス

ハイウエストタイプなので、おなか周りのダイエットにも有効です。

ダイエットエキスパート和田清香さんのオリジナル圧着レギンスです。

主婦のとも生活シリーズから出版された本

「着圧ハイウエストレギンス入浴で脚・おなか・ヒップやせ」

の付録としてもらえる圧着レギンスです。

和田さんは、300種類のダイエットを試してみて、『一番効果が出たのがレギンス入浴ダイエットだった』というから信頼できますよね。

以上、おすすめの着圧レギンスを紹介しました。

まずは1つ、お気に入りのレギンスが見つかるといいですね。

お好みで入浴剤を楽しむ。温浴効果があるとさらに良し

20~30の入浴、どうせなら香りにも癒される時間にしませんか?

また、温浴効果のある入浴剤を使えば発汗作用も期待でき、さらなるダイエット効果につながります。

パッと思い付くのがバスソルト。

アロマ効果でも人気のバスソルトはプレゼントの定番ですよね。

『いい香りでリラックスできるから使っている』という人も多いのではないでしょうか。

バスソルトは発汗効果に加えて保湿もできるのでおすすめの入浴剤です。

とにかくたくさん汗をかきたいという人は、入浴剤を探すとき、次のような成分に注目してみてください。

例えば

  • トウガラシ
  • ショウガ
  • ゲルマニウム

などがあります。

トウガラシは辛み成分「カプサイシン」が含まれています。

皮膚からも吸収されるので、入浴と合わせることで血行・新陳代謝の促進にさらなる期待ができます。

また
おなじみのショウガも体を温めてくれることで人気です。

ショウガは内臓の働きも改善してくれるので、代謝アップにつながります。

最後にゲルマニウムです。
温泉で聞いたことがあるという人も多いかもしれません。

ゲルマニウムは体をしっかり温め発汗効果があることで有名です。

岩盤浴とならんで「ゲルマニウム温浴」も人気です。

汗をたっぷりかきたい人は、トウガラシ・ショウガ・ゲルマニウムに注目して入浴剤を選ぶといいです。

レギンス入浴ダイエットの注意点とは?

レギンス入浴ダイエットはじっと座っているだけのように感じますが、ごはん1杯分ぐらいのカロリーは消費するもの。

軽いウォーキングを30分しているようなものです。

食事の後すぐに運動する人はいないですよね?

レギンス入浴ダイエットをするうえでも、いくつか注意点があります。

毎日気持ちよく続けるために、次のことに注意しましょう。

  • こまめな水分補給
  • 長風呂はしない

では、それぞれ詳しく説明していきますね。

入浴に水分補給をしておこう

レギンス入浴ダイエットでは

  • 脱水症状を防ぐ
  • ダイエット効果を高める

ためにも、水分補給がマストです。

体の水分が少ない状態でレギンス入浴を行っても、汗をかきにくく、老廃物の排出効果も半減してしまいます。

理想的なタイミングは
入浴前・入浴中・入浴後の3回。

  1. 入浴前の水分補給で体内の水分量を増やし、たっぷりと汗がかけるように準備する。
  2. 入浴中の水分補給で、汗をかくことによる脱水症状を防ぐ。
  3. 入浴後の水分補給で、汗をかいた体に水分を満たす。

このように水分補給をしっかりすることで、老廃物の排出が邪魔されることなくスムーズに行われますよ。

水分補給のタイミングは3回ということを忘れないでくださいね。

のぼせるので長湯に注意。ぬるめのお湯で

「長く入った方が効果的かも」

と、長風呂をすることは厳禁です。

顔がほてって頭がくらくらするなど、のぼせなどの体調不良につながってしまいます。

また、レギンス入浴ダイエットを始めたばかりの人はお湯の温度にも気を付けたいもの。

はじめはぬるめのお湯からはじめて、慣れてきたら徐々に心地よい温度にあげていきましょう。

長湯と温度に注意するということを覚えておきましょう。

レギンス入浴ダイエットが終わったら

入浴後は、運動後の体と同じ状態。

アフターケアをして体をいたわってあげましょう。

  • 水分補給をする
  • 体が温まった状態でストレッチをする(体が冷える前に)
  • 体をリラックス状態に導いてあげる

このようなポイントをおさえれば、ダイエット効果だけではなく、安眠にもつながりますよ。

アフターストレッチで血行促進

お風呂上がりには是非ストレッチを。

入浴で血行が良くなると

  • 疲れでがちがちになっていた筋肉が温まる
  • 筋肉を覆っている膜も伸びやすくなる

こんな理由から、体が柔らかくなり、負担なくストレッチができますよ。

ストレッチをするとさらに血行が促進され、むくみ解消効果もアップします。

ただし、体が冷えてしまってからでは効果も半減。

体を整えるという意味でも、是非アフターストレッチをしましょう。

入浴後にリラックスタイムを作ろう

レギンス入浴後にはハーブティーでリラックスタイムを作りましょう。

血液やリンパの流れがよくなっているので、老廃物を早く体外に排出してあげることが大切です。

利尿効果があるハーブティーを利用して、排出を促してあげましょう。

コーヒーや紅茶も利尿効果はありますが、カフェインで眠れなくなる人もいるのでおすすめできません。

ハーブティーには種類がたくさん。

お気に入りのハーブティーを見つければ、入浴後の楽しみもできていいですよ。

着圧レギンスのまとめ

習慣づいていることにプラスするだけだから簡単で長続きする。

『着圧レギンスを履いて入浴するだけで脚痩せする』
と大人気のレギンス入浴ダイエット。

効果倍増するポイントもたくさんお伝えしてきました。

「今日は半身浴をプラスしよう」
「明日はマッサージをやろう」

など、その日の気分で内容を変えながら入浴するのも楽しいですよね。

着圧レギンスをひとつ準備するだけ。

あきらめていた脚痩せや、全身ダイエットが実現するかもしれません。

さっそく始めて理想の体型に近づきましょう!

レギンス入浴ダイエットはあなたの明るい毎日をサポートしてくれるでしょう。

アーカイブ