グリチルリチン酸2K(グリチルリチン酸ジカリウム)はシミや美白に効果的な成分?

シミ対策

グリチルリチン酸2Kとはどんな成分?

タイトルにもあるとおり、グリチルリチン酸2K(ジカリウム)は“シミ”や“美白”に効果的な成分です。

と、いきなり言われてもピンときませんよね。
そもそも名前すら知らないという方もいると思います。

でも
実は、身近な成分だってご存じでしたか?

元々は漢方薬の原料となる「カンゾウ(甘草)」という植物からとれるグリチルリチン酸。
そのグリチルリチン酸にカリウム(元素記号:K)を結合させ、水に溶けやすくしたものが“グリチルリチン酸2K”です。

そんなグリチルリチン酸2Kには“抗炎症作用”があり、漢方薬だけでなく医薬品としても広く使われています。

でも、それだけではないんです。

グリチルリチン酸2Kは、その“抗炎症作用”により、肌への刺激を軽減・抑制する成分として、「化粧品」や「石鹸」、「育毛剤」にも配合されています。
後ほど詳しく紹介しますが、この“抗炎症作用”が“シミ”や“美白”に効果的な理由なのです。

また、植物由来で甘みがあることから、甘味料としても使用されることもあります。

どうでしょうか?
こうやって見てみるとグリチルリチン酸2Kって、私たちにとって意外と身近な成分ですよね?

さて、ここからは、そんなグリチルリチン酸2Kで期待できる“主な効果”について紹介していきます。

グリチルリチン酸2Kで期待できる主な効果

グリチルリチン酸2Kに期待できる主な効果は“3つ”あります。

  1. 美白効果・黒ずみケア
  2. 抗炎症・ニキビケア
  3. 頭皮の炎症を抑え、育毛作用

ここでは、この3つの効果について詳しく紹介していきたいと思います。

美白効果・黒ずみケア

グリチルリチン酸2Kが、その抗炎症作用により“シミ”や“美白”に効果的なことは、お伝えしました。
“シミ”や“美白”に効果的ということは、肌の“黒ずみ”に効果があるということですよね。

でもみなさん、そもそも黒ずみができる原因って何かご存じでしょうか?

「下着とか服が擦れるのがよくないんでしょ?」
「乾燥も肌のダメージになるって聞いたことある。」

そう思った方…

そのとおりです。

肌は刺激やダメージを受けたとき、皮膚の奥深くにあるメラニン細胞というものが活発に働きます。
そして、本来は紫外線などのダメージから肌を守るはずの「メラニン色素」が必要以上に作られ、肌の表面に沈着します。

これこそが、黒ずみとなってしまうのです。

さらに、乾燥した肌には古い角質が残りやすく、それだけで黒ずみができてしまうことも…。

グリチルリチン酸2Kには、そんな黒ずみの原因であるダメージから肌を守ってくれたり、すでに起こってしまっている炎症を抑えてくれる効果があります。

つまり、黒ずみを防ぐだけでなく、すでに存在する黒ずみの解消もしてくれる、“最強の美白サポート成分”といえるのです。

抗炎症・ニキビケア

グリチルリチン酸2Kはニキビ(赤ニキビ)ケアにも効果的です。

グリチルリチン酸が含まれる「カンゾウ(甘草)」という植物は、漢方の原料だと紹介しました。
実際、甘草湯という漢方薬として、口内炎や喉の炎症を抑えるために処方されることがあります。

さらに医薬品としては、その抗炎症作用で、抗アレルギー薬や風邪薬などにも応用されているのです。

つまり、ニキビ(赤ニキビ)のような炎症を伴う症状について、抑制する効果があるといえます。

ただし!
グリチルリチン酸2Kが含まれている“化粧品”を使ってニキビケアをすることは、お勧めできません。

そもそも、化粧品と医薬品とでは用途が全然違いますよね。

本来と違う用途で使用した場合、望んだ効果が出ないだけでなく、症状の悪化につながる危険性もあります。

そのため、ニキビ(赤ニキビ)のような現在進行形の炎症は、まず皮膚科医に相談したうえで医師の指導のもと治療を行いましょう。

頭皮の炎症を抑え、育毛作用

グリチルリチン酸2Kの炎症を抑える働きは、薄毛対策や育毛にも効果を発揮します。

頭皮は、皮脂の過剰な分泌や乾燥により、炎症などのトラブルが起こしやすくなります。
これが原因で、フケ、かゆみ、ニキビが発生し、最終的に薄毛に発展していってしますのです。

要するに、炎症を起こさないようにすれば薄毛は解消されていくということ…。
だから、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸2Kは薄毛対策に効果的と言われているんです。

実際、現在販売されている多くの商品(育毛剤やシャンプー)に、グリチルリチン酸2Kは配合されています。
特に、女性の薄毛と相性がいいということもあり、女性用シャンプーにもこの成分は採用されています。

髪の毛が生えやすい頭皮環境を整えることができる成分であるからこそ、グリチルリチン酸2Kは薄毛対策や育毛効果のある商品に使用されているのです。

グリチルリチン酸2Kには副作用はある?

これ、気になるところですよね。

正直、グリチルリチン酸2Kには、“1日の摂取量が40mgを超えると”偽アルドステロン症という副作用が出る場合があります。

薬として利用されているくらいですから、副作用があるのは仕方ないといえば仕方ないのですが…。

でも、この聞きなれない“偽アルドステロン症”とは一体なんなのでしょうか。

偽アルドステロン症とは、簡単にいうと血圧を上昇させるホルモンが、本当は増えていないのに、増えているかのような症状があらわれるというものです。

具体的には…
・体のだるさ
・頭痛
・むくみ
・食欲低下
・動悸
・吐き気

などなど、これだけ聞くと不安になりますね…。

でも!
大事なのは“1日の摂取量が40mgを超えると”というところ。

副作用が出る可能性があるのは、多量の薬を飲むなどしてグリチルリチン酸2Kを“過剰摂取”した場合なのです。

ここで紹介している「化粧品」や「石鹸」、「育毛剤」であれば、塗るだけだったり、洗い流してしまったりもします。
さらに、こういったものに含まれる成分は、厚生労働省が商品への含有量の上限を定めており、安心安全に使っていただけるようになっています。

つまり、“普通に使う分には副作用の心配は全くないのです!”。

グリチルリチン酸2Kで美白ケアができるクリームとは?

ここまでいろんな効果を紹介しましたが、

女性のみなさん
美容に興味のある男性の皆さんも

“美白”に効果があるといっても、結局なにを使ってケアすればいいかわかりませんよね?

そんな方へ、美白ケアに特化した2つの商品をご紹介します。

ドクターケシミー

「おうち美容で美白革命」をキャッチフレーズにしたこの商品。

実は医学誌にも掲載されたことのある薬用美白オールインワンジェルなんです。

この「ドクターケシミー」にもグリチルリチン酸2Kが配合されています。

パーフェクトワン 薬用SPホワイトニングコンセントレート

3つの有効成分で集中的に美白ケアする美容液「パーフェクトワン」。

その3つの有効成分とは…。
アルブミン、エラグ酸、そして“グリチルリチン酸2K(ジカリウム)”。
やはり美白には欠かせない成分なんですね。

ここまで読んでいただいた方は、
この2つの商品の効果に、きっと期待が膨らんでいるはずです。

気になった方はぜひ!お試しください。

グリチルリチン酸2Kのまとめ

グリチルリチン酸2Kって、いろんな効果がありましたね。

最後に、今までご紹介した内容をまとめていきたいと思います。

グリチルリチン酸2Kは“最強の美白サポート成分”!
黒ずみの予防や解消に効果を発揮し、あなたの美白を強力にサポートします。

ニキビも抑える効果が…!
グリチルリチン酸2Kの抗炎症作用は、赤ニキビの抑制にも活躍します。

薄毛や育毛にも役立つ成分だった!?
炎症が起きにくくすることで、頭皮環境を整え、薄毛対策や育毛にも効果が期待できます。

副作用は心配ない!
基準もきちんとあり、普通に使う分には何の問題もありません。
肌に使うものだし安心安全が一番ですよね。

いかがでしたか?
グリチルリチン酸2Kは、あなたの悩みに応えることができる強い味方だったのではないでしょうか。

特に美白ケアに関しては、名前をよく聞く商品に普通に配合されていたなんて…。
初めて知ったときは、私も驚きました。

やっぱり肌に使ったりするものって納得して使うことが大事ですよね。
だから、成分について知ることで、その成分が配合されている商品にも納得できるし、安心して使うことができます。

この記事を読んでいただいたことで、あなたの悩みが解消し、美白や肌ケアがさらに有意義なものになると嬉しいです。

紹介した商品も、気になる人はぜひ使ってみてくださいね。

アーカイブ